メニュー

短期間の矯正Fast Orthodontics

装置をより短い期間で外すため、
徹底して精確さと速さに
こだわります。

 矯正治療の基本は、「弱い力を長い間かけ続けること」ですが、長い治療期間はやはりデメリットも多く、職場や学校など多忙な毎日を過ごす患者さまに負担を強いる場合もあります。 「東京八重洲矯正歯科」では、丁寧さ質の高さを保ちながら、全ての患者さんがより短い期間で矯正装置(ブラケット・マウスピース)を外すことを目指す治療をおこなっています。

長い矯正期間中に起こりうる
デメリット

  • 1虫歯や歯周病への罹患

  • 2ライフスタイルの変化による治療の中断

短期間の矯正治療が可能な理由

  • デジタル設備の導入

     東京八重洲矯正歯科では 各工程にデジタル技術を導入しており、この点は全ての患者さまにご経験いただけます。デジタル技術の利用により、 効率的でスピーディーなフローをご用意しております。

  • 院内技工だからスムーズ

     外部の歯科技工所へ依頼するクリニックも多い中、東京八重洲矯正歯科は グループ内に技工所を持っています。デジタルデータでのやり取りを行う他、院内とのコミュニケーションもスムーズに行えるので 時間の短縮につながります。

  • 必要に合わせた複合治療

     歯を大きく動かす必要がある等の難症状の場合にはアンカースクリューと呼ばれる固定源を利用した「インプラント矯正」など複合治療の選択肢も患者さまの同意のもと考慮にいれます。
     また、裏側矯正によって大きく歯を動かしたのち、 マウスピース矯正へ切り替え、ワイヤーの装着時間を短縮させる治療方法もございます。患者さまの希望と症状に合わせオーダーメイドの治療方法を考えていくことも 「速さ」への近道です。

  • 歯の動きを促進させるサポート機器の利用

     歯に近赤外線を定期的に浴びせて歯周組織を刺激し、歯の移動を早める装置などを、通常の矯正治療と合わせて利用します。

「生体」への働きかけを行う
「短期矯正治療」のサポート機器

歯周組織への刺激

 矯正治療のスピードをはやめたい時には、近赤外線を当てることで細胞に刺激を与えながら矯正治療を行います。普段浴びている光は体の表面で吸収されてしまいますが、近赤外線は生体透過性をもつため、歯の移動に関わる歯根表面まで光が届きます。この光が歯の移動に関わっている細胞を活性化するため、歯が動きやすくなるのです。また光を浴びることにより、血管が拡張し、痛みを軽減する効果も期待できます。
 近赤外線といってもなかなか馴染みがないかもしれませんが、最近ではアンチエイジング治療やケガ・骨折の治癒促進など様々な医療分野に使用されており、矯正治療においても広く使用されています。
 近赤外線の照射は片手で持てるほどの小さな機械を使用するので、ご家庭で気軽にお使いいただけます。

短期間の裏側矯正についてのよくある質問

■ 前歯の乱ぐい、噛み合わせが気になります。目立たず短期間で終わる方法はありますか。

前歯の乱ぐい、噛み合わせが気になる患者さまからのご質問です。
詳しく見る

■ 裏側の装置は表側の装置と比べて治療期間がかかりますか?

裏側の装置は表側の装置と比べた治療期間について患者さまからのご質問です。
詳しく見る

■ 通院の頻度はどのくらいですか。

通院の頻度について患者さまからのご質問です。
詳しく見る

■ 矯正の治療期間はどのくらいですか?

通矯正の治療期間について患者さまからのご質問です。
詳しく見る

無料カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

※ホワイトニングのご予約は
お電話でのみ受け付けております。

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-118-417

ご予約・無料カウンセリングの
お申し込みはこちら

※ホワイトニングのお申し込みは
お電話でのみ受け付けております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-118-417
閉じる