セラミックの差し歯・被せものと
矯正治療

矯正歯科を検討する方は歯に対する意識も高く、これまでにも積極的な虫歯の治療やセラミックによる白い歯の被せ物(クラウン)・詰め物(インレー)で綺麗な歯を維持してきた方が少なくありません。

セラミックの被せ物・差し歯でも
矯正治療は可能

セラミック単冠と支台歯イラスト

まず基本的にセラミックの被せ物・差し歯があっても、矯正治療はできます。矯正治療で歯を動かす際に重要なのは、歯の周辺組織(歯根膜や骨)が健康かどうかという点です。矯正治療では歯の根元の部分を動かしていきますので、歯の上部が差し歯(クラウン)でも問題ありません。歯の周辺組織が健康であれば、天然歯と同様にセラミックの歯へもブラケットを接着し、ワイヤーによって歯を動かしていきます。

ただし、セラミックの歯は天然歯に比べて接着したブラケットが取れやすい傾向があるため、そうした問題が起こる場合は、仮歯を利用して天然歯と同じように矯正治療を行います。

そのままでは矯正治療が
できない場合

ブリッジ

セラミック連結冠と支台歯・欠損イラスト

セラミックの被せ物・差し歯でもクラウン(単冠)ではなく、ブリッジ(連結冠)という審美治療をおこなっている場合は、そのままでは矯正治療はできません。

なぜならブリッジは欠損している歯を文字通り橋のように繋いで固定しているからです。欠損箇所の両隣の歯はブリッジでつながれ、真ん中には歯根(歯の根っこ)がありません。矯正歯科は目ではみえない歯の根っこの位置を細かく調整して、歯並びを整えていく治療です。そのためブリッジでは歯を正しい位置に移動することが難しいのです。

銀歯(パラジウム合金)の被せ物

また保険治療で用いられる銀歯(パラジウム合金)の被せ物の場合も、金属製の矯正用ブラケットが接着力が維持できないため、基本的にはそのままでは矯正をすることが難しくなります。

ブリッジや銀歯がある方が
矯正治療をするには

仮歯を利用して対応

基本としてはブリッジや銀歯を除去(再利用できない場合もあります)して、仮歯を作成し矯正中は仮歯にブラケットを取り付けることで治療を進めていきます。

審美治療の歯軸に注意

歯軸 イラスト

審美目的の被せ物の場合は、歯の中心(歯軸)を無視して見た目だけを整えることがあります。正しい歯軸を再現していない審美治療が行われていた場合、矯正によって歯の根が見えてしまう歯根露出のリスクがあります。

また、歯の根の治療(根管治療)が不十分なまま被せ物をしていると矯正の力で歯の根が割れてしまう(歯根破折)ことがあります。

矯正治療前の検査が大切です

デジタル矯正設備

そのため、矯正専門クリニックでもCT、デジタルレントゲン、口腔内検査、問診、検診を通して矯正治療の計画とともに一般歯科領域に関しても一定の所見を得ることが大切です。

矯正治療は歯が健康であって初めて成り立つもの。東京八重洲矯正歯科の矯正歯科医は検査結果をもとに診査・診断を行い、矯正治療が可能であるかどうかを判断します。

矯正治療は咬み合わせ治療

全体(全顎)矯正も部分矯正も歯並びとは「結果」です。正しい噛み合わせをつくった結果が美しい歯並びです。私たち東京八重洲矯正歯科では健康に直結する噛み合わせを矯正治療でもっとも重視しています。

そのためお使いのセラミックの差し歯が、矯正治療後の咬み合わせに即さない場合は、作り直しが必要な場合があります。その場合はカウンセリングの際にご相談いただき、検査後の診査診断で詳しい説明を致します。

治療期間についての
よくある質問

■ 歯のでこぼこや出っ歯などを審美歯科でも治せると聞きました。矯正治療と審美治療のどちらを選ぶべきですか?
差し歯で短期的に解決する方法と矯正治療で根本的に解決する方法のどちらが良いかは、患者さまの希望や症状によっても異なります。詳しく見る
■ 矯正と一緒に銀歯をセラミックにすることはできますか?
矯正治療と銀歯をセラミックにする治療を合わせて行うことは可能です。基本的には矯正治療後にセラミックの治療を行う流れとなります。詳しく見る
■ セラミックの差し歯があっても矯正できますか。
セラミックの差し歯や銀歯があっても矯正治療は可能です。ブラケットが接着しにくい場合などは仮歯を用いるなどして対応いたします。詳しく見る